138巻 家を建ててから、新しい暮らしが始まる

2017.05.17 | 家づくりのコト

みなさん、こんにちは!!

 

札幌市北区にある小さな住宅屋(工務店)

 

マルワホーム企画にて

ホームディレクターを担当しております

 

キクチです^ ^

 

 

 

 

 

 

オーナーさまとの話。

 

最近では少しずつ、外構・庭工事のご相談もいただくようになりました。

 

コーディネイターに手書きにて

外構の計画図面を描いてもらいました

 

 

先日は、オーナーさまと一緒に

北広島の造園屋さんまで

シンボルツリーを見に行きました。

 

 

 

庭木流通センターには、植木の販売だけでなく

苔庭・和風庭園・ビオガーデンなどの見本園もあります。

 

 

ここの造園屋さんのホームページも大変参考になります!

福住造園さんホームページ

 

カチッとせず、ゆるい口調の中にもお仕事へのプライドを感じます。

2017/4/22
庭木流通センター は4月20日(木曜日)より営業しております。
樹形の美しい樹木を揃えました。 「シンボルツリーって有りますか?」と言う質問が多いです。意味不明です。その家の雰囲気にピッタリ合って、その庭の主な場所に植えられる樹木がシンボルツリーです。そんな樹木を揃えました。      (ホームページより引用)

 

 

その家の雰囲気にピッタリ合う、”シンボル”となる木を探します。

 

 

ジューンベリー、マルバ、シャラ、イロハモミジ・・・など

何がお家に合うかな〜と迷い、決定しました!!

 

 

Hさま!!シンボルツリー楽しみですね^^

何の木を選んだかは、またのブログのお楽しみです。

 

 

 

 

 

さて、もう一つ。

同じ木は木でも、違う木の話。

 

 

 

 

無垢テーブルミディアムオーダー お客さまがご自身で 削り、塗装をして仕上げます。 完成が楽しみです!! #TTP #Tさま邸テーブルプロジェクト #丁寧な暮らし #愛着のあるモノ #無垢テーブル #一枚板テーブル #無垢材#木材#ナラ#楢 #虎斑#柾目材

菊池 宏嗣さん(@maruwa_kikuchi)がシェアした投稿 –

 

無垢の一枚板テーブルをミディアムオーダーで製作中です。

ミディアムオーダーとは、研磨・塗装作業は自分で行います。

 

 

その前に、木取り立会いと言って

木のどの部分を使い、どう接ぎ合わせるのかを確認します。

こっちが木裏です。

 

 

こっちが木表です。

 

 

 

 

木裏の方が、ナラ材独自の虎斑が綺麗に出ているので

そっちの方向でつくっていくことに。

 

 

これから、接ぎ合わせ後に

研磨・塗装作業をして完成です。

 

Tさま!完成が待ち遠しいですね!!

 

 

 

 

どちらも、お引渡しを終えているオーナーさまです。

 

当たり前のことですが、お家って建てて終わりじゃなくて

建ててからが新しい暮らしが始まります。

 

 

「庭をつくって、窓からの景色を楽しみたい」とか

「広いダイニングスペースに無垢の一枚板のテーブルをつくり、それを囲み家族で食事をしたい」とか。

 

 

家を建てると、今までの暮らしない

新しい暮らしが待っています。

 

その暮らしの楽しみ方は、その家族によって違うと思いますが

新しい暮らしを楽しみながら、新たな楽しみも発見したり、

もっともっとお家にいる時間が好きになるような、住まいの提案をしていけたらなと思います。

 

 

 

 

では、また7のつく日に^^