184巻 マルワホーム企画の強みとは・・

2019.02.07 | 家づくりのコト

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある

小さな工務店(住宅屋)

マルワホーム企画にて

注文住宅の家づくりを

お手伝いしている

ディレクターのキクチです。

 

 

先日工務店向けのセミナーに出てきました。

 

余談になりますが

セミナーはなるべく前で聞きたいタイプです。

 

毎回思いますが、

みなさん遠慮しているのか、

極力目立ちたくないのか、

みなさん後ろの席から埋めていく傾向を感じます。

 

僕も

「真っ先に一番前の席を陣取ってやる〜!!!」

なんてことはしませんが、

せっかく同じ時間を過ごすなら

前の方の席の方が集中できるので

今回も様子を伺いながら前の方の席に座ります。

 

 

講師は新建ハウジング発行者の三浦社長です。

 

今回のセミナーの大きなテーマは

*消費税増税後の住宅業界

*2030年までの工務店の未来

です。

 

 

まず消費税増税に伴う

駆け込み需要ですが

業界ではそこまで大きな波はきていないようです。

 

  1. すまい給付金
  2. 住宅ローン減税
  3. 次世代住宅ポイント

の大きな3つの税制度で

お客様によっては

”増税後に建てた方がお得!!”

というケースもある為です。

 

そして深刻なのが、もっと先の話です。

この画像は2030年までの全国の住宅着工数の予測表です。

 

 

この予想はあくまでも

量産会社(=ハウスメーカー)が販売棟数を1割減で

なんとか留まった場合の割合になりますが

工務店の着工数は2030年には43%も減する予想です。

 

(言い方は悪いですが)

ハウスメーカーのおこぼれを

工務店が取り合う・・・?!

 

僕はそんな未来が来るとは全く思いませんが

ハウスメーカーの家づくりと

工務店の家づくりの違いも

もっと分かりやすく

ご説明をし続けなければいけません。

 

きっと、大手ハウスメーカーが

撤退もしくは縮減していくのではないかと思います。

 

現に、全国的にも動きがあるそうです。

 

 

 

 

僕が最終的に何を言いたいかというと

マルワホーム企画が

お客様に選ばれ続ける会社になる為に

マルワホーム企画の強みを

もっと分かりやすく

お客様へ提供していく必要があると思います。

 

 

今はその中でも圧倒的に重要なツールは

ホームページなので

下りのエスカレーターを駆け上る為に

今年も日々改善をしていきます。

 

 

そして毎日のお仕事を

一つ一つ丁寧に取り組んで

その”ありのまま”をお伝えできればと思います。

 

 

 

 

独り言のようなブログになってしまいましたが

日々そんなことを考えながらお仕事してます。

 

 

ではまた7のつく日に。