マルワホーム企画

スタッフブログ

久しぶりに投稿します

2020.10.19

皆さまこんにちは!
札幌市北区で
お客様の予想を超える
注文住宅を作りたい
マルワホーム企画
やっしーです

イドンデコ!

 

生きてます

半年以上ぶりです

 

 

月曜担当たなかがお休みなので

急遽代打登板です

 

 

ところが

今年、新入社員が2人も入ってくれて

ブログを書かなくて良くなったので

映える写真を撮る習慣が無くなっていました

写真フォルダをあさってみても

実務で使う写真しか残ってない!

ので

かろうじて見せられる

現場のスナップ写真をご紹介します

 

 

 

基礎工事の写真

土間・防湿コンクリートを打った直後の状況です

打設後、固まるまで2~3時間程(完全硬化は2~3日)掛かります

たまに猫の足跡がスタンプされてる事があります

 

 

 

躯体建込みの写真

奥に見えるのはクレーンです

柱や梁など部材に番号が振ってあります

X方向に1、2、3~数字を

Y方向に いろはにほへと~の文字が刻印されています

ろ-5 とか へ-9 とかです

慣用句に”いの一番”というのがありますが

部材の一番最初の番号が

い-1 です

ここを起点に組立が始まるので

そのまま慣用句となりました

 

 

屋根を組んでいる写真です

屋根の上にも発泡系スチレンボード(スタイロフォーム)を敷いています

屋根に雨が当る音を緩和したり

夏の日光の熱を多少軽減する効果を狙ったものです

 

 

 

軒天の骨組みを組んでいます

この骨組みの上から防火スレートという素材を貼ります

どの部位でもそうなのですが

このように骨組みを組んで石膏ボードやスレートを貼るという構造なので

骨組みのある所しか物干しや棚が取り付けられません

DIY等で取り付ける際は下地の位置を意識して取付しないと

落下や欠落、破損の原因になります

 

 

内部の造作が進んだ状況です

壁のピンクは断熱材です

この吹込み断熱材を充填した後は

夏の工事中ではすごく涼しくなります

 

 

 

 

クロス貼前のパテ掛け作業の写真です

ボードのジョイント部とビス部分にパテを付け

硬化したらヤスリを掛けて平滑にしたあと

初めて壁紙を貼る事が出来ます

壁も天井もヤスリ掛けとかホント重労働です

しっかり職人さんをリスペクトして

壁にパンチして穴を開けないでください

 

 

 

歩道の切り下げ工事の写真です

アスファルトは凹みやタイヤ跡が残りやすいので

なるべく最後の工程とします

ちなみに1宅地の歩道切り下げできる

長さは決まりがあります

距離で約6mです

縁石が1本80cmなので約8本分です

6m以上切り下げしている所も見かけるかもしれませんが

アパートや店舗だったり、無許可だったりです

 

 

 

さて今回はここまで

次回はいつかわかりませんが

それではまた

やっしーでした

 

 

マルワに家づくりの相談をしてみる?

  • LINEで気軽にご相談 家づくりのご相談
  • LINEで気軽にご相談 オーナー様
  • LINEで気軽にご相談 マルワで働きたい方
  • マルワ会

0120-764-154