マルワマン

完成見学会

建売住宅の完成に伴い
札幌市北区北28条にて完成見学会を開催いたします。

【日程】1月12日土曜日・13日日曜日・14日月曜日
【時間】11:00 〜16:00
【場所】札幌市北区北28条西11丁目

住まいの提案、北海道。 vol.46

取材・文/三枝史子 撮影/酒井広司

太陽の光に包まれて、
3つの庭を楽しむ住まい。

建物の裏手に回ると、南面と東面にそれぞれウッドデッキが設けられている。

この秋にオープンしたマルワホーム企画の最新モデルハウスは、札幌市との境界に近い石狩市樽川にある。辺りを防風林が彩るのどかな住宅地で、1区画平均80坪台というゆったりとした住環境が魅力だ。土地価格は札幌と比べておよそ3分の1から4分の1程度。土地代が安く抑えられた分、建物に予算をかけられるのがうれしい。モデルハウスは同社が管理する26区画の一角にあり、すべての家が完成すれば統一感のある、ちょっとしたまち並みが形成されるはずだ。

モデルハウスが建っているのは北東向きの角地。ユニークなのはこの家が道路に対して斜めに置かれていることだ。通常であれば、道路と並行するように建物を配置するところだが、ひまわりのように太陽と向き合う暮らしを優先させたのである。つまり、真南の方向から入る明るい光でリビングとダイニングを満たそうとすれば、敷地に対して建物が斜め45度にふれるというわけだ。

朝日がたっぷり入る東面のテラス。シンボルツリーを手はじめに、これからの植栽計画が楽しみ。
防風林の景色をワイドに採り込むリビング。南から入る光が無垢の床におだやかな日だまりをつくる。

太陽の向きに合わせて建物を斜めに配置したことで、単に「明るい家」というだけでなく、暮らしの楽しみも広がった。敷地に余白が
生まれ、趣の異なる3つのガーデンスペースを確保できたのである。それぞれのスペースにはウッドデッキが設けられ、内と外を行ったり来たりしながら空間の広がりを味わえる。

ひとつ目の庭はリビングとダイニングの両方に隣接し、ダイニング側の洗面コーナーから直接デッキへ出ることが可能だ。朝の光を浴
びながら身支度し、心地よい風を感じてモーニングコーヒーなんてことも。ふたつ目がメインとなる庭で、南のリビングに面した大きなテラスが自慢。正面に防風林を望み、家族でバーベキューを楽しんだり、水遊びのプールを置いたり。敷地にテントを張ればミニキャン
プの気分を満喫することもできる。そして、3つ目は小上がりタイプの和室とつながる小さな和風庭園。周囲はコンクリートの塀で囲ま
れ、心おきなくプライベートタイムに浸ることができるのだ。

朝は新鮮な光で目を覚まし、昼は燦々と降り注ぐ日差しをたっぷりまとい、夕方は赤く染まる空に明日への活力をもらう。東から西へ移動する太陽を感じながらの暮らしは、それだけで心が満たされるに違いない。

季節や時間帯によって場所を変える日だまりは、住空間のあちこちに描かれるしあわせの模様だ。無垢の床の素材感をくっきりと浮かび上がらせたり、障子のやわらかな質感をなぞるように照らしたり。住まいの表情にさらなる温もりを与えてくれるのである。

ハイサイドライトの光が照らすストレート階段は吹き抜けのアクセントになっており、圧迫感のない手すりとスケルトンなデザインが美しい。

座卓を配した寺子屋スペースは、自由な使い方ができるわくわく空間。

軽やかな気分で2階に導かれると、正面に折りたたみ式のカウンタースペース。ここは「寺子屋」と命名されたじゅうたん敷きの小上がりで、3人並んで座ることができる。子どもがお絵描きしたり本を開いたり、その横でパパはパソコンをと、親子で使えるコミュニケーションの場なのだ。

また、趣味の部屋として可動式の本棚とガラスのショーケースを配した一室も設けられている。
住まいづくりの原点は、あくまでも居心地のいい場所をつくること。人生を愉しく朗らかに生きるために、家庭がマルく和やかであるように。

心地よい光に包まれたダイニング。キッチンは作業スペースも広く調理が快適。
ゲストも気軽に使えるよう独立させた洗面スペース。外を眺めながらの身支度も。
リビングと連動する小上がりの和室。障子の向うにちいさな和風庭園がある。

住まいの提案、北海道掲載一覧

住まいの提案、北海道。 vol.53

インテリア好きの奥さまの
センスとこだわりが光る住まい。

正面を淡い色彩で塗り上げた外観は近隣との調和を意識して、目立ちすぎないようにとの配慮がながされたもの。そんなオーナーの心遣いを映す住まいは、潔い美しさとやさしい雰囲気を醸し出している。Sさんご家族がこの家で暮らしてから、まもなく3年。きれいに片付けられた空間は選び抜いた照明やこだわりの雑貨でセンスよく演出され、日々の暮らしへの愛着が伝わってくる。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.52

モダンなインテリアに、
家族の熱い思いが満ちる住まい。

 「家って、幸せになるためのツールだと思うんです」。そういってご主人は満足げに室内を見渡した。2016年の12月から暮らしはじめて丸1年、日に日に愛着は増すばかりである。家を建てたからといって、家族を幸せにできるわけではない。問題はどう建てるか、ご主人の持論である。「よく建ててから、もっとこうすれば良かったという後悔話を聞きますが、うちにはそれが一切ない。住まいづくりに関して自分もたくさん勉強したし、マルワさんがそれに応えてくれた。やり切ったという感じですね」。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.51

目に映るのは、大好きなものばかり。
とにかく楽しい、おうちライフ。

 庭先でくつろいだようすを見せるIさんご家族は、この家に暮らしはじめて1年半。引っ越して半年後には愛息も授かり、幸福のまっただなかという感じだ。ご夫婦は結婚した当時から家を建てる意志を持ち、マメな性格も手伝って住宅情報誌の類いをしらみつぶしにあたった。土地を探す過程でここ石狩の分譲地を知り、来てみるとマルワホームの旗が立っていた。「マルワ...聞いたことあるな。そうだ、友人が建てたおしゃれでユニークな家が、マルワホームだった!」。以前、夫婦で訪ねたことのあるその家が、強く印象に残っていたのだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.47

快適な生活空間をイメージして、
5つの回遊動線を盛り込んだ「五輪の家」。

「普通の家なら建てたくない。自分たちにふさわしい、他のどこにもない家にしたかった」。この3月に引き渡しになったばかりの新居で、Kさんご夫婦は誇らしげな表情で声を揃える。  住まいづくりを考えるようになったとき、限られた予算をなるべく住宅に使いたいというのが根底にあった。低コストで、しかもできるだけ環境のいい土地を探していたところ、札幌市との境界にある石狩のニュータウンに行き着いた。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.46

太陽の光に包まれて、
3つの庭を楽しむ住まい。

この秋にオープンしたマルワホーム企画の最新モデルハウスは、札幌市との境界に近い石狩市樽川にある。辺りを防風林が彩るのどかな住宅地で、1区画平均80坪台というゆったりとした住環境が魅力だ。土地価格は札幌と比べておよそ3分の1から4分の1程度。土地代が安く抑えられた分、建物に予算をかけられるのがうれしい。モデルハウスは同社が管理する26区画の一角にあり、すべての家が完成すれば統一感のある、ちょっとしたまち並みが形成されるはずだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.42

自然素材が心地よい空間に、
家族の年輪を刻むしあわせ。

職場のあった大阪から、4年前に転職して札幌へ。Kさんご家族は子育てや将来の暮らしを考え、妻の実家のあるまちへと移り住んで来た。2年ほどしてマイホームを意識しはじめたころ、近所でマルワホーム企画のオープンハウスが開催され、家族で見に行った。奥さまは「塗り壁のあたたかみのある外観で、中に入ってみるとますます私の好きな感じ。こんな家に住みたいと、すぐに思いました」。それから住まいづくりが具体化するまでしばらく時間がかかったが、その間もマルワホームのスタッフは連絡を絶やさず、それが結果的によかったという。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.41

素材感と開放感に魅せられる
おもてなしの空間づくり。

 木のアクセントを配した渋い土色の塗り壁が、静かな風格を漂わせる邸宅。杉板の木目を施したコンクリート塀を抜けると、エントランスポーチがゆったりと構えている。ずしりと重い木製の扉を開ければ、贅沢なまでの広さを確保した玄関ホール。土間部分の壁は外壁と同じ仕上げにして、内と外との境界を感じさせないデザインとした。おもてなしを意識したというこの空間こそ、住まいを語るプロローグにふさわしい。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道