マルワホーム企画

マルワホーム
×
住まいの提案、北海道。

住まいの提案、北海道。 vol.60

取材・文/三枝史子

音楽大好き家族の夢を叶えた、
歌って・奏でて・遊べる住まい。

どことなくアメカジショップの雰囲気を漂わせるSさんの住まい。枝番の数字は夜になるとライトアップされ、宅配サービスの人に感謝されるとか。

マットなブルーでフレーミングされた3階建ては、1階に親世帯、2・3階にSさんご家族が暮らす2世帯住宅である。住所の枝番が赤い数字でシンボリックに表現され、丸くデザインされた表札はカフェのサインのよう。そして、奥さまの愛車である黄色いハマーがこの家にぴったり似合う。住む人の個性が発揮された家は、外から見ているだけでも楽しい。家族みんな仲よく笑って暮らしているのだろうな。そう思わせるのだ。敷地は約30坪、もとは奥さまの実家だった家を2年前に建替えた。住宅設備の会社を営むご主人は職業柄、数々の住宅建築の現場と関わってきたが、なかでもマルワホームにシンパシーを感じ住宅の新築を依頼した。「現場監督をはじめ職人さんたちの雰囲気がすごくいいんです。建替えるなら、かっこいい家にしたい、自分たちの好きな家にしたいと考えていたので、相談しやすいマルワさんなら夢を叶えてくれると思いました」。

好きなものだけセンスよくディスプレイしたキッチン。カウンターに立つご主人はカフェのマスターのよう。

Sさんご夫婦と長男長女が暮らす2・3階は30坪に満たない面積だが、家族の思いが凝縮された愛着あふれる空間だ。とくにこだわったのが、幼いころから音楽にふれてきた兄妹が楽器を奏でるための防音室。自宅で練習やセッションができる防音性の高いスタジオを設けるのがいちばんの優先事項だったのだ。「僕もカミさんも音楽を聴くのは好きだけど楽器はできないので、子どもに夢を託した感じですかね」。ご主人はそういってシャイな笑顔を見せた。キッチンカウンターの側面に描かれた「LET’s ROCK」の文字はまさに家族の気持ちを表すもの。もっとも、このアイデアは奥さまによるものでインテリアのほぼすべてに、奥さまの思い入れが反映されているそうだ。

ショップのサインのような表札が個性的。
奥まった玄関に続く長いアプローチには自転車も安心して置ける。
2階玄関ホールの一角にある造作の手洗い。
帰宅時やトイレの手洗いはここで。
2世帯で玄関が分かれており、Sさん世帯の玄関がこちら。シューズの並べ方にもこだわりが感じられる。
キッチンの床はポップな市松模様のピータイル。お料理の時間も陽気な気分に。
キッチンから眺めたリビング。パソコンカウンターから続く収納棚など造作家具が充実し、空間を心地よく整えている。
圧迫感のないスケルトン階段の左手が防音スタジオ。

中学生のOTOくんは5歳のときからドラムをはじめ、いまやプロのミュージシャンともセッションするほどの腕前に。外出自粛が敷かれる前は月に4~5回ライブで演奏し、家族で観に行っていたという。妹のUTAちゃんはギターとダンスを習う快活な小学生だ。自宅には音楽つながりの友人が多く訪れ、10人規模のホームパーティを楽しむこともあるという。スペースは限られているものの、やりたいことがたくさんあったというSさんご夫婦。「2階はとことんこだわろう」ということで、好きな家具、好きなインテリアで統一した。とくに、スタジオ前の壁面に取り入れたグレーの波板は、外装材に使うガルバリウム鋼板でいちばんのお気に入りだ。カフェのような非日常を感じさせてくれるのがいい。「遊びに来てくれた友だちが家を褒めてくれるのがうれしいですね」。

スタジオから見たリビングの風景。

そんな奥さまは昔からアメリカのおもちゃが大好きで、アメコミのキャラクターやモチーフを住空間のいたるところに配置している。それでいて部屋の中がすっきりしているのは、抜群のディスプレイセンスと魅せる収納の技に長けているからにほかならない。LDK全体で12帖強の空間ではあるが、ベランダの前には遮るもののない視界が開け、共通の趣味を持つ家族が距離を縮めて暮らすのは、むしろ快適なのではと想像する。ソファの前に置かれたセンターテーブルは、ひと昔前の喫茶店で見られたテレビゲームを模したもので、奥さまのリクエストによりご主人が手づくりした。中にテレビを埋め込むという凝りようで、大人は懐かしく、子どもは新鮮に感じることだろう。

防音スタジオの壁は外装材で特別な雰囲気に。大きな窓越しにリビングからスタジオの様子が見える。
ドラムを叩くOTOくんの練習用に設けたスタジオで、ときには兄妹のセッションも。
UTAちゃんの部屋はアメリカンコミックの世界をイメージさせる陽気なインテリア。

3階はウォークインクローゼットのある主寝室と兄弟の個室、ユーティリティと浴室がある。5帖に満たないUTAちゃんの部屋にはL型のデスクカウンターが配され、ご主人がDIYで仕上げた飾り棚がインテリアのアクセントに。さらに、黄色と白のペンキで仕上げたストライプの壁も「パパがつくってくれたんだよ」とUTAちゃん。洋服の収納スペースはカラーボックスを効果的に組み合わせ整理整頓。見た目にも楽しくポップな収納術はママの得意技で、家具なしでコスト削減のお手本にもなりそうだ。一方、OTOくんの部屋はグレートーンのシックな雰囲気。兄妹それぞれの個性が生かされた空間づくりがおもしろい。

UTAちゃんの部屋はアメリカンコミックの世界をイメージさせる陽気なインテリア。
落ち着いた雰囲気のなか、心穏やかに作曲にも専念できるOTOくんの部屋。
3階ホールに造作した本棚は、コミックがジャストサイズで納まる美しさ。
ビタミンカラーを差し色に使用。ロールの置き方にも美意識が感じられる。

主寝室手前のホールには造り付けの本棚があり、コミックがびっしり。見るからに壮観な光景に、ご主人は「漫画喫茶みたいな家にしたかったので、こうして整理できてうれしいですね。2年前の大地震のときも本が1冊も飛び出ることがなく安心でした」。話を聞けば聞くほど、この家には楽しさがあふれている。「ステイホームのときはヒマだったので、僕とUTAがキッチンで立ち食い寿司やケーキ屋さんを開店させて、カミさんと息子に振る舞いました。子どもと一緒に看板をつくるところからはじまって、それをSNSにアップして遊んでました(笑)」。

ほかにも、防音スタジオでカラオケを熱唱したり、演奏を楽しんだり。家族みんなで笑顔をつくりながら絆を深めていけるのが、Sさんの家の最大の魅力である。

最小限の造作で仕上げた洗面台も、お気に入りのテキスタイルで楽しく演出。

住まいの提案、北海道。掲載一覧

住まいの提案、北海道。 vol.60

音楽大好き家族の夢を叶えた、
歌って・奏でて・遊べる住まい。

マットなブルーでフレーミングされた3階建ては、1階に親世帯、2・3階にSさんご家族が暮らす2世帯住宅である。住所の枝番が赤い数字でシンボリックに表現され、丸くデザインされた表札はカフェのサインのよう。そして、奥さまの愛車である黄色いハマーがこの家にぴったり似合う。住む人の個性が発揮された家は、外から見ているだけでも楽しい。家族みんな仲よく笑って暮らしているのだろうな。そう思わせるのだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.53

インテリア好きの奥さまの
センスとこだわりが光る住まい。

正面を淡い色彩で塗り上げた外観は近隣との調和を意識して、目立ちすぎないようにとの配慮がながされたもの。そんなオーナーの心遣いを映す住まいは、潔い美しさとやさしい雰囲気を醸し出している。Sさんご家族がこの家で暮らしてから、まもなく3年。きれいに片付けられた空間は選び抜いた照明やこだわりの雑貨でセンスよく演出され、日々の暮らしへの愛着が伝わってくる。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.52

モダンなインテリアに、
家族の熱い思いが満ちる住まい。

 「家って、幸せになるためのツールだと思うんです」。そういってご主人は満足げに室内を見渡した。2016年の12月から暮らしはじめて丸1年、日に日に愛着は増すばかりである。家を建てたからといって、家族を幸せにできるわけではない。問題はどう建てるか、ご主人の持論である。「よく建ててから、もっとこうすれば良かったという後悔話を聞きますが、うちにはそれが一切ない。住まいづくりに関して自分もたくさん勉強したし、マルワさんがそれに応えてくれた。やり切ったという感じですね」。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.51

目に映るのは、大好きなものばかり。
とにかく楽しい、おうちライフ。

 庭先でくつろいだようすを見せるIさんご家族は、この家に暮らしはじめて1年半。引っ越して半年後には愛息も授かり、幸福のまっただなかという感じだ。ご夫婦は結婚した当時から家を建てる意志を持ち、マメな性格も手伝って住宅情報誌の類いをしらみつぶしにあたった。土地を探す過程でここ石狩の分譲地を知り、来てみるとマルワホームの旗が立っていた。「マルワ...聞いたことあるな。そうだ、友人が建てたおしゃれでユニークな家が、マルワホームだった!」。以前、夫婦で訪ねたことのあるその家が、強く印象に残っていたのだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.47

快適な生活空間をイメージして、
5つの回遊動線を盛り込んだ「五輪の家」。

「普通の家なら建てたくない。自分たちにふさわしい、他のどこにもない家にしたかった」。この3月に引き渡しになったばかりの新居で、Kさんご夫婦は誇らしげな表情で声を揃える。  住まいづくりを考えるようになったとき、限られた予算をなるべく住宅に使いたいというのが根底にあった。低コストで、しかもできるだけ環境のいい土地を探していたところ、札幌市との境界にある石狩のニュータウンに行き着いた。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.46

太陽の光に包まれて、
3つの庭を楽しむ住まい。

この秋にオープンしたマルワホーム企画の最新モデルハウスは、札幌市との境界に近い石狩市樽川にある。辺りを防風林が彩るのどかな住宅地で、1区画平均80坪台というゆったりとした住環境が魅力だ。土地価格は札幌と比べておよそ3分の1から4分の1程度。土地代が安く抑えられた分、建物に予算をかけられるのがうれしい。モデルハウスは同社が管理する26区画の一角にあり、すべての家が完成すれば統一感のある、ちょっとしたまち並みが形成されるはずだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.42

自然素材が心地よい空間に、
家族の年輪を刻むしあわせ。

職場のあった大阪から、4年前に転職して札幌へ。Kさんご家族は子育てや将来の暮らしを考え、妻の実家のあるまちへと移り住んで来た。2年ほどしてマイホームを意識しはじめたころ、近所でマルワホーム企画のオープンハウスが開催され、家族で見に行った。奥さまは「塗り壁のあたたかみのある外観で、中に入ってみるとますます私の好きな感じ。こんな家に住みたいと、すぐに思いました」。それから住まいづくりが具体化するまでしばらく時間がかかったが、その間もマルワホームのスタッフは連絡を絶やさず、それが結果的によかったという。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.41

素材感と開放感に魅せられる
おもてなしの空間づくり。

 木のアクセントを配した渋い土色の塗り壁が、静かな風格を漂わせる邸宅。杉板の木目を施したコンクリート塀を抜けると、エントランスポーチがゆったりと構えている。ずしりと重い木製の扉を開ければ、贅沢なまでの広さを確保した玄関ホール。土間部分の壁は外壁と同じ仕上げにして、内と外との境界を感じさせないデザインとした。おもてなしを意識したというこの空間こそ、住まいを語るプロローグにふさわしい。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道

マルワに家づくりの相談をしてみる?

  • LINEで気軽にご相談 家づくりのご相談
  • LINEで気軽にご相談 オーナー様
  • LINEで気軽にご相談 マルワで働きたい方
  • マルワ会

0120-764-154