マルワホーム企画

マルワホーム
×
住まいの提案、北海道。

住まいの提案、北海道。 vol.63

取材・文/三枝史子

転勤先で人生2棟目のマルワホーム。
家族も増えてより充実の毎日に。

2階セカンドリビング。正面の森に面して設けた出窓が家族みんなのやすらぎの場所に。

新しい家も、マルワホームと決めていた。

Iさんご家族を訪ねるのは、2度目である。最初は2017年の夏、マルワホームで建てた石狩の新居だった。日当たりのいいリビングで、赤ちゃんをあやすご夫婦の笑顔が今も印象に残っている。それから数年の時を経てご主人が岩見沢に転勤。石狩から通うことも考えたが、4年8カ月暮らした家を手放すことを決め、岩見沢に新たに建てることにした。当時を奥さまは振り返る。「マルワさんで建てた家があまりにも心地よく暮らしやすかったので、もうアパート住まいは考えられませんでした。また建てるなら、やっぱりマルワさんだよねと」。ご主人も大きくうなずき、「住み替えというかたちで売却もお任せできたのが心強かったです。好条件で売ることができ、本当に助かりました」。

煉瓦色のガルバリム鋼板に、あたたかみのある札幌軟石を組み合わせた表情豊かな外観。

2棟目も同じ工務店で建てたとういうと、友人たちには「よっぽど信頼しているんだね」と感心されるのだとか。「何か相談すると1+1が2ではなく、10にも100にもなって返ってくる」という同社の提案力は、今回の住まいづくりでも期待以上のものだった。現在、赤ちゃんだった男の子は5歳になり、かわいい弟もできた。暮らしのステージを自然豊かなこの場所に移し、Iさんご家族の新しい物語がはじまった。

裏庭にはキッチンからも出入りできるウッドデッキを設置。家族でくつろいだり、バーベキューを楽しむことも。
玄関からシューズクロークを抜けて洗面台、リビングへと続く合理的な動線計画。
帰宅後、靴を脱いで鞄を掛け、手を洗うという一連の動作がスムーズにできる。
広めに設けた玄関土間には、冬の間の自転車置き場にも便利。
天井の一部が高くなった開放的なリビング。玄関からソファの後ろまで土間空間が続きフレキシブルな使い方が楽しめる。
風景を切り取るように設けられた窓が、住空間に季節の潤いをもたらしている。

こだわったのは、1棟目を超える住まいづくり。

すでに住まいづくりを経験しているので、そのベースを生かせば今回の家は楽にできるのではないか。しかし、いざ計画がスタートするとその逆だったとご主人はいう。「石狩の家は大好きだったけれど同じではつまらないし、それを超える家にしたい。家族構成も変わっていますしね。そう考えると難しかったけれど、マルワさんがいっしょに悩みながら結果的にいいものをつくってくれました」。

今回のこだわりポイントのひとつは、玄関からリビングの奥まで続く大きな土間空間だ。自転車や観葉植物のほか、アラジンのストーブが置かれている。「みんなで火を囲んでほっとできる空間をつくりたかったんです。いずれ薪ストーブを入れるのが夢ですね」。

もうひとつは、セカンドリビングと家族が呼んでいる大きな出窓のある2階のフリースペースだ。空を眺めたり木を見て気持ちを開放したり。ときには仕事をこなす書斎代わりに使ったり、奥さまはよくここで家計簿をつけるのだという。「ホールを挟んで子ども部屋がすぐ近くにあるので、子どもたちが寝ている間も安心して作業できます。ロールスクリーンで間仕切りすれば客間にもなり、そのときどきで自由な使い方ができるのがいいですね」。

ブルーグレーの壁面にオープンラックがおしゃれなキッチン。背後には大きなパントリーがあり、収納のほか奥さまの趣味のスペースも兼ねている。

暮らしのリズムに配慮した、快適な動線計画。

 「子どもが小さいので、生活の流れに沿って気持ちよく暮らせることを大切にしました」と奥さま。たとえば保育園からの帰宅後、靴を脱いで鞄を所定の位置に掛け、手を洗ってからおやつを習慣づける動線計画や、2階寝室のそばに浴室・洗面を設けて朝晩の身支度をスムーズにするなど。洗濯室を兼ねたユーティリティを広く確保したことで気兼ねなく物干しができ、来客時に慌てて取り込むストレスもなくなった。2階に水回りを持ってきたことで暮らしのリズムが整い、上下階を効率よく均等に使えるのが気に入っている。

カウンターに立つママとのコミュニケーションも楽しいオープンキッチン。

ダイニングとの距離感が心地よいキッチンは庭と隣り合い、ウッドデッキでバーベキューをするにも快適。オープンキッチンにしたのは「ママの姿をいつでも子どもたちに見ていてほしい」という願いからだ。キッチンの背後にはワイドなパントリーがあり、食品や日用品のストックがすっきり収まっている。
ここに移り住んでから、以前にも増して家に過ごすひとときが豊かになった。「いい時間、いい季節を大切にしたいですね。自然環境にも恵まれ、子どもと散歩に行く機会も増えました。心にゆとりが生まれたせいでしょうか」。そういってご夫婦は微笑んだ。

2面採光の高窓を配した主寝室。ウォークインクローゼットを併設。
手前のスキップフロアのセカンドリビングから子ども部屋へ駆けていく兄弟。
右隣はユーティリティ。
自然光が入る階段スペース。
セカンドリビングの出窓が左手に見える。
洗面・脱衣・洗濯室を兼ねた広々としたユーティリティ。
入浴や洗面、洗濯と物干し、収納が1カ所で効率的に行える。

住まいの提案、北海道。掲載一覧

住まいの提案、北海道。 vol.63

転勤先で人生2棟目のマルワホーム。
家族も増えてより充実の毎日に。

Iさんご家族を訪ねるのは、2度目である。最初は2017年の夏、マルワホームで建てた石狩の新居だった。日当たりのいいリビングで、赤ちゃんをあやすご夫婦の笑顔が今も印象に残っている。それから数年の時を経てご主人が岩見沢に転勤。石狩から通うことも考えたが、4年8カ月暮らした家を手放すことを決め、岩見沢に新たに建てることにした。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.60

音楽大好き家族の夢を叶えた、
歌って・奏でて・遊べる住まい。

マットなブルーでフレーミングされた3階建ては、1階に親世帯、2・3階にSさんご家族が暮らす2世帯住宅である。住所の枝番が赤い数字でシンボリックに表現され、丸くデザインされた表札はカフェのサインのよう。そして、奥さまの愛車である黄色いハマーがこの家にぴったり似合う。住む人の個性が発揮された家は、外から見ているだけでも楽しい。家族みんな仲よく笑って暮らしているのだろうな。そう思わせるのだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.53

インテリア好きの奥さまの
センスとこだわりが光る住まい。

正面を淡い色彩で塗り上げた外観は近隣との調和を意識して、目立ちすぎないようにとの配慮がながされたもの。そんなオーナーの心遣いを映す住まいは、潔い美しさとやさしい雰囲気を醸し出している。Sさんご家族がこの家で暮らしてから、まもなく3年。きれいに片付けられた空間は選び抜いた照明やこだわりの雑貨でセンスよく演出され、日々の暮らしへの愛着が伝わってくる。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.52

モダンなインテリアに、
家族の熱い思いが満ちる住まい。

 「家って、幸せになるためのツールだと思うんです」。そういってご主人は満足げに室内を見渡した。2016年の12月から暮らしはじめて丸1年、日に日に愛着は増すばかりである。家を建てたからといって、家族を幸せにできるわけではない。問題はどう建てるか、ご主人の持論である。「よく建ててから、もっとこうすれば良かったという後悔話を聞きますが、うちにはそれが一切ない。住まいづくりに関して自分もたくさん勉強したし、マルワさんがそれに応えてくれた。やり切ったという感じですね」。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.51

目に映るのは、大好きなものばかり。
とにかく楽しい、おうちライフ。

 庭先でくつろいだようすを見せるIさんご家族は、この家に暮らしはじめて1年半。引っ越して半年後には愛息も授かり、幸福のまっただなかという感じだ。ご夫婦は結婚した当時から家を建てる意志を持ち、マメな性格も手伝って住宅情報誌の類いをしらみつぶしにあたった。土地を探す過程でここ石狩の分譲地を知り、来てみるとマルワホームの旗が立っていた。「マルワ...聞いたことあるな。そうだ、友人が建てたおしゃれでユニークな家が、マルワホームだった!」。以前、夫婦で訪ねたことのあるその家が、強く印象に残っていたのだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.47

快適な生活空間をイメージして、
5つの回遊動線を盛り込んだ「五輪の家」。

「普通の家なら建てたくない。自分たちにふさわしい、他のどこにもない家にしたかった」。この3月に引き渡しになったばかりの新居で、Kさんご夫婦は誇らしげな表情で声を揃える。  住まいづくりを考えるようになったとき、限られた予算をなるべく住宅に使いたいというのが根底にあった。低コストで、しかもできるだけ環境のいい土地を探していたところ、札幌市との境界にある石狩のニュータウンに行き着いた。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.46

太陽の光に包まれて、
3つの庭を楽しむ住まい。

この秋にオープンしたマルワホーム企画の最新モデルハウスは、札幌市との境界に近い石狩市樽川にある。辺りを防風林が彩るのどかな住宅地で、1区画平均80坪台というゆったりとした住環境が魅力だ。土地価格は札幌と比べておよそ3分の1から4分の1程度。土地代が安く抑えられた分、建物に予算をかけられるのがうれしい。モデルハウスは同社が管理する26区画の一角にあり、すべての家が完成すれば統一感のある、ちょっとしたまち並みが形成されるはずだ。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.42

自然素材が心地よい空間に、
家族の年輪を刻むしあわせ。

職場のあった大阪から、4年前に転職して札幌へ。Kさんご家族は子育てや将来の暮らしを考え、妻の実家のあるまちへと移り住んで来た。2年ほどしてマイホームを意識しはじめたころ、近所でマルワホーム企画のオープンハウスが開催され、家族で見に行った。奥さまは「塗り壁のあたたかみのある外観で、中に入ってみるとますます私の好きな感じ。こんな家に住みたいと、すぐに思いました」。それから住まいづくりが具体化するまでしばらく時間がかかったが、その間もマルワホームのスタッフは連絡を絶やさず、それが結果的によかったという。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道。 vol.41

素材感と開放感に魅せられる
おもてなしの空間づくり。

 木のアクセントを配した渋い土色の塗り壁が、静かな風格を漂わせる邸宅。杉板の木目を施したコンクリート塀を抜けると、エントランスポーチがゆったりと構えている。ずしりと重い木製の扉を開ければ、贅沢なまでの広さを確保した玄関ホール。土間部分の壁は外壁と同じ仕上げにして、内と外との境界を感じさせないデザインとした。おもてなしを意識したというこの空間こそ、住まいを語るプロローグにふさわしい。・・・続きを見る

住まいの提案、北海道

マルワに家づくりの相談をしてみる?

  • LINEで気軽にご相談 家づくりのご相談
  • LINEで気軽にご相談 オーナー様
  • LINEで気軽にご相談 マルワで働きたい方
  • マルワ会

0120-764-154